岩手県の平泉町で認知症予防講演会 11月18日に開催

2014年11月10日
認知症にならないちょっとしたコツを学べる学べる学べる
岩手県西磐井郡平泉町が主催する「認知症予防講演会」が、11月18日の13:00~15:30に開催される。会場はホテル武蔵坊(平泉町平泉字大沢15)。参加希望者は11月11日までに平泉町保健センター宛てに申し込みが必要だ。

テーマは「防げる!治せる!認知症」。高齢になれば認知症になるのは当たり前と思わず、日常生活のなかで簡単にできる認知症予防法について紹介する。

平泉町保健センターでは作品作りや体操などを通じて認知症を未然に防ぐための「脳いきいき教室」を実施しており、当日は教室参加者による舞台発表も予定されている。

多くの自治体も導入済みの「二段階方式」
「認知症予防講演会」の講師を務めるのは、エイジングライフ研究所副所長で臨床心理士の高槻絹子氏。1970年にお茶の水女子大学文教育学部を卒業し、浜松医療センター勤務、浜松医科大学講師などを経て、1997年よりエイジングライフ研究所副所長に就任。全国各地で認知症予防活動の指導や講演を実施している。

同氏らが提唱する脳機能判定法「二段階方式」は、多くの自治体などが導入している。「神経心理機能テストによる脳機能レベルの客観的な判定」と「それに基づく脳の活性化訓練のための手法の地域単位での実践」の二段階で行われる独自のプログラムで、認知症の治療や予防に役立つことが期待されている。

(画像は平泉FAN 認知症予防講演会のホームページより)


▼外部リンク

平泉FAN 認知症予防講演会
http://hiraizumifan.jp/events/60148/

エイジングライフ研究所
http://www.ageinglife.jp/index.html
このページの
上へ戻る