若年性アルツハイマー型認知症を描いた話題作「アリスのままで」6月27日全国公開

2015年6月4日
6月27日からロードショー
若年性アルツハイマー病を患った女性の人生を描いた映画「アリスのままで」が2015年6月27日から全国ロードショーで公開されることがわかった。
『アリスのままで』メイン
ストーリーは?
主人公のアリスは、コロンビア大学教授で仕事においてもプライベートにおいても充実した日々を送っていた。しかし、あるときから物忘れが多くなり、病院に受診した結果、若年性アルツハイマーだということが発覚した。しかも遺伝性であることを告げられ、愕然とする家族。

日々記憶を無くしてしまう自分に、怯むことなく真正面から立ち向かうアリスの人生が描かれている。

原作は25の言語で翻訳され発刊されているリサ・ジェノヴァ作の「アリスのままで」だ。

映画賞22冠!
同作はゴールデン・グローブ賞や、イギリスアカデミー賞など全部で22の賞を受けている話題作。

主人公のアリスは、多くの賞に名を連ねてきた名女優ジュリアン・ムーアが演じている。

監督にはサンダンス映画祭でグランプリを獲得した「Quinceañera」のリチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウェスト・ウェストモアランド。
リチャード.・グラッツァーは今年3月にALSで死去している。


▼原作の日本語訳も登場
▼認知症ねっと おすすめサービス
▼外部リンク

アリスのままで
http://alice-movie.com/index.html

このページの
上へ戻る