施設抜け出した認知症男性、また警察官が気づかず公園に放置

2015年6月10日
70代の認知症男性
東京都北区の介護施設から70代の認知症男性がいなくなり、近くの路上で発見されたが、警察官が認知症とは気づかず、公園に放置したことが、6月4日に明らかとなった。

5月29日の朝、東京都北区の路上で70代男性が転倒して頭にけがをしているのが発見され、病院に搬送された。病院では、男性が認知症と気づかず、病院からの要請を受けた滝野川署員2人が、男性の告げた住所にもとづき北区のアパートまで送った。

部屋は男性が数カ月前まで住んでいた場所だったが、すでに空き家となっていた。しかし男性に土地勘があったため、署員は午前10時ごろ、男性を近くの公園で降ろしてそのまま署に戻った。

当初は行方不明男性と気づかなかった
一方、男性が入居している北区の介護施設は、同日早朝、認知症男性が行方不明になっていることを、別の署に届け出ていた。昼過ぎに同署から連絡を受けた滝野川署は、公園に放置した男性がこの男性であることにようやく気づき、捜索。

男性は、公園から約1.2キロ離れた路上で再び転倒し、再度病院に運ばれていたことが判明した。男性は約6時間後に保護され、無事介護施設に戻った。

去年の中野区の教訓生かされず
去年8月には、同じく東京都中野区の路上で倒れていた認知症の男性が、保護されずに死亡するという事件があった。これを受け警視庁では、認知症が疑われる人への対応について、周知を徹底することを都内すべての警察署に通知し、再発防止に取り組んでいた。

それにもかかわらず、今回認知症の男性を保護できなかったという結果について、警視庁は、
「中野区での教訓が生かされておらず、すべての警察官に改めて指示を徹底し、再発防止に取り組みたい」(NHKニュースより引用)
と述べているという。


▼認知症関連おすすめ雑誌
▼認知症ねっと おすすめサービス
▼外部リンク

警視庁
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/
このページの
上へ戻る