『もの忘れ外来の専門医が教える「あきらめるな!」アルツハイマー病』発売

2015年7月2日
専門医が教えるアルツハイマー病の過ごし方
株式会社主婦の友インフォス情報社は、6月26日、『もの忘れ外来の専門医が教える「あきらめるな!」アルツハイマー病』を出版した。

同書は、精神科の専門医で、日本初の「もの忘れ外来」を現在の国立精神・神経医療研究センター病院に設立した、宇野正威氏が執筆。宇野氏は、吉岡リハビリテーションクリニックで、認知症の地域医療と美術活動を通じて、リハビリを試みる。現在は、マスコミで話題の「オリーブクリニックお茶の水」の顧問医師を務め、認知症のスペシャリストとして活躍している。
治らないと言われているからこそ
アルツハイマー病は、現在は、治らないと言われている病気の1つ。同書では、軽度認知症障害の段階で、認知症やアルツハイマー病の対策を打つことができ、早期発見が、認知症の進行を遅らせ、良い時間を持ち、いい時期を延ばすと書かれている。

特別なことをしなくても、日常生活の中で、食生活、趣味、運動などを通じて進行を遅らせる。第1章から第7章に分け、アルツハイマー病となっても生きがいを持って生活できることが紹介されている。

概要
『もの忘れ外来の専門医が教える「あきらめるな!」アルツハイマー病』
著者:宇野正威
定価:1,300円(税別)
発売日:6月26日

▼購入はこちらから
▼外部リンク

株式会社主婦の友インフォス情報社 新刊情報
http://www.st-infos.co.jp/

主婦の友インフォス情報社 プレスリリース(PR TIMES)
http://prtimes.jp/

このページの
上へ戻る