介護保険利用者の服薬 ケアマネージャーからみる問題

2015年8月3日
介護保険利用者の服薬を調査
株式会社インターネットインフィニティーが、介護保険を利用している人に対して、服薬管理に関するアンケート調査を行い、その結果を7月23日に発表した。

今回の調査は、自社運営のウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」の会員ケアマネージャーを対象に行い、4つの質問について調査した。
高血圧か認知症か?
今回行ったアンケート調査で、服用に問題がある介護保険の利用者は、「高血圧」か「認知症」の疾患を患っていることが多かった。これらの疾患を持っている利用者は、「薬を飲んだことを忘れてしまう」、「飲み忘れや飲み残しによる残薬が常にある」という問題が多い。

「高血圧」、「認知症」の患者は、これから多くなると予測されるため、服薬に問題がある人が増加すると考えられる。

約3割が服薬に問題を抱える
今回のアンケート調査は、605人の現役ケアマネージャーに行った。ケアマネージャーが担当している介護保険の利用者は、平均27.6人。その中の約9.3人が服薬に問題があると答えた。約3割が服薬に問題を抱えているという結果が出た。

ケアマネージャーは、「一包化」や「服薬カレンダーや管理ボックス」などを利用して、服薬の問題を改善する努力をしている。

他にもケアマネージャーからみて、8割が、水で服薬していることが、今回の調査で分かった。




▼外部リンク

株式会社インターネットインフィニティー プレスリリース
http://iif.jp/
このページの
上へ戻る