介護日記を書いた大山のぶ代さんの夫が金スマに緊急出演

2015年10月23日
異例の発売前10万部を記録した「介護日記」を発売した砂川啓介さんが出演
本日10月23日放送の「中居正広の金曜日のスマたちへ」に、初代ドラえもんの声優大山のぶ代さんの夫であり、『娘になった妻、のぶ代へ~大山のぶ代「認知症」介護日記~』(双葉社)を同日に発売した砂川啓介さんが出演する。


認知症となった大山のぶ代さんとの日々をリアルに描き、壮絶な「認知症介護」の現実を綴った同書は、異例の発売前重版が決定している。番組では、終わりのない介護の現実や、先日82歳の誕生日を迎えた大山のぶ代さんの「今」が砂川さん本人から語られる予定。

本の中で綴られる砂川さんの体験は、多くの認知症の方を支える家族のヒントとなる
認知症介護の現実を生々しく描く一方、リコピンの記憶力低下防止効果を知るとオリジナルのトマトシチューを作るなど、改善を信じて献身的に寄り添い実践する事柄は、多くの在宅介護に悩む方々にとってヒントになるのではないだろうか。
(画像は番組公式サイトより)


▼関連記事
初代「ドラえもん」の声、大山のぶ代さんが認知症で闘病
大山のぶ代さん、舞台『ダンガンロンパ』で声優復帰 認知症公表後初の仕事

▼外部リンク
番組詳細(TBS公式サイト)

▼購入はこちらから



このページの
上へ戻る