ロビン・ウィリアムズさんの自殺の原因は「レビー小体型認知症」妻が発表

2015年11月5日
俳優ロビン・ウィリアムズさんの自殺原因はレビー小体型認知症だった
2014年8月に自殺した俳優ロビン・ウィリアムズさん(享年63)。自殺の原因がレビー小体型認知症だったと報じられている。


ロビンさんはこれまで、鬱病が原因で自殺したと思われていたが、ロビンさんの妻スーザン・ウィリアムズさんが、アメリカのピープル誌のインタビューにて、ロビンさんが「レビー小体型認知症」と闘っていたと告白。鬱病は50の症状のうちのひとつだったと語った。

ロビンさんの症状について、検死解剖が行われるまでは担当医師もレビー小体型認知症であることを特定することはできなかったという。
(画像はイメージ)

▼関連記事
レビー小体型認知症とは
ユッキー先生の認知症コラム「第18回レビー小体型認知症を理解しよう」



このページの
上へ戻る