月刊『健康』1月号の特集「脳進化ドリル」を解いて認知症を予防しよう!

2015年12月10日
12月2日発売
株式会社主婦の友インフォス情報社は、12月2日、月刊誌『健康』1月号を発売した。1月号の大特集は、認知症予防のための活脳CD付き「脳進化ドリル」となっている。

中高年にさしかかると、知っているはずの名前がふと思い出せなかったり、おつりの計算に時間がかかったりと、認知能力の衰えを実感することは、誰しも経験があるだろう。今回の特集では、脳のトレーニングをおこなうことで脳の血流を増加させ、認知機能を改善するという「脳進化ドリル」が掲載されている。

9大ツールと191の問題!
パズル感覚で楽しみながら頭を使う平面ブロック、猿回しや赤富士などのぬり絵、色読みテスト、付属のCDを使ってリズミカルにおこなう数字さがしやひとり負けじゃんけん、早口言葉などの9大ツール付き。

さらに、イラストを使ったまちがいさがしや鏡絵まちがい、点つなぎ、影あて。想像力をアップさせる昭和思い出しクイズや探偵クイズ。漢字バラバラ、ゴースト暗算、ナンバープレースなど、脳をあらゆる角度から刺激する全191問が満載となっている。

萩本欽一さんのインタビュー
巻頭インタビューでは、73才で大学合格を果たし、若者に混じって元気いっぱい勉学に励むタレントの萩本欽一さんが、「これからの強敵は“ボケ”。大学に行けば、毎日記憶が足されると思ったの」などと語り、「認知症の危機を撃退」する近況を報告してくれるので、合わせて注目したい。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼購入はこちらから


このページの
上へ戻る