東邦大学医療センター佐倉病院で認知症をテーマにした公開講座を開講!!

2014年11月26日
演題は「地域で考えるケアと治療 認知症とともに歩む “診断と治療”」
11月29日(土)14:00(開場13:30)地域で考えるケアと治療 認知症とともに歩む 「診断と治療」をテーマに公開講座が開催される。会場は、東邦大学医療センター佐倉病院7階講堂。参加費は、無料。事前申し込みは不要。 

講座は、神経内科、脳神経外科、メンタルヘルスクリニック、看護部、薬剤部、リハビリテーション部、臨床心理士、ソーシャルワーカーから、治療やケアについての内容となる。 

講演終了後、患者からの質問、回答も設けてある。
 

東邦大学医療センター佐倉病院とは
千葉県では、地域での認知症進行予防、認知症医療の充実をはかるために「認知症疾患医療センター」を設置している。 

同センターの運営については、都道府県知事又は指定都市市長が指定した病院で行うこととなっている。現在、千葉県では7病院を、千葉市では1病院を指定している。

東邦大学医療センター佐倉病院は、1991年9月、佐倉市開設され、2013年7月に千葉県の指定を受け「認知症疾患医療センター」を設置した。「地域のよりどころとなる病院」を目指し医療に取り組んでいる。  

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東邦大学医療センター佐倉病院
http://www.toho-u.ac.jp/press/2014_index/551.html

千葉県
http://www.pref.chiba.lg.jp
このページの
上へ戻る