津田大介氏のTV『日本にプラス』で認知症予防策を久山町研究責任者の清原裕氏が語る

2015年2月10日
清原裕氏が語る驚きの認知症予防策、本日テレビ放映
「ソーシャルメディアのカリスマ」と呼ばれて久しい津田大介氏がメインキャスターを務めるテレビ番組『日本にプラス』(テレ朝チャンネル2)では、本日2月10日(火)20時~21時に九州大学大学院医学研究院教授の清原裕氏をゲストに迎えて、驚きの認知症予防策を語る。

清原裕氏


久山町研究とは
先日、厚労省が発表した数字によると、2025年には認知症高齢者の数が700万人を突破すると発表されたばかり。この数字は現在の推定患者数462万人と比すると、約1.5倍の伸び率となっている。
政府も対策として、新オレンジプランや認知症対策に重点をおいた介護報酬の改定策の発表など、取り組みに力を入れる。

そのような中、注目されているのは「認知症予防策」。

その認知症予防策について30年間定点調査を続け、要因の究明で画期的な成果を挙げているのが「久山町研究」だ。世界も注目する先進的な研究はなぜ可能だったのか。そこから分かった意外な認知症予防策とは。研究の責任者清原裕氏を迎え、話を聞く。

清原裕氏の研究成果は多岐にわたり、体内の血糖値の上昇と認知症の関係について実証を行ったり、株式会社明治と協力して、牛乳や乳製品の認知症予防効果を明らかにしたばかりだ。番組内では、それらの解説が行われると想定される。

▼関連記事
アルツハイマー型認知症予防に牛乳・乳製品が効果的

蛭子能収(えびすよしかず)さんがMCI・軽度認知障害との疑いとTVで紹介

つちやかおりさん、東国原氏母は認知症。本日19時の『私の何がイケないの?』で放送。


テレビ番組情報
放送は、本日2月10日(火)と2月17日(火)の再放送の2回行われる予定だ。詳細情報は下記の通り。

■『津田大介 日本にプラス #82』
「“日本の縮図の町”で35年間調査!そこから見えた認知症予防策とは」

2015年2月10日(火)20:00~21:00(テレ朝チャンネル2)
2015年2月17日(火)20:00~21:00(テレ朝チャンネル2)

【キャスター】津田大介
【レギュラー】下平さやか(進行)、渋谷和宏(コメンテーター)
【ゲスト】清原裕氏(九州大学大学院医学研究院教授)

▼番組URL
津田大介の日本にプラス公式サイト

※画像は番組HPより
このページの
上へ戻る