はじめて認知症で病院にかかる際に知っておきたいこと

「もしかして認知症かも…」。そんな不安がよぎった時には、どこに相談すればよいのでしょうか。このページでは、診断にはどんな検査をするのか、はじめての受診ではどんなことを聞かれるのかなどについて、順を追って説明します。

この記事の目次
  1. 最初はどこへ相談するの?
  2. まずはかかりつけ医に相談を
  3. かかりつけ医がいない場合は?
  4. 専門の病院にかからなくてよいの?
  5. はじめての診察では何を伝える?
  6. 認知症の診断にはどんな検査をする?
  7. 認知機能検査(神経心理検査)
  8. 脳画像診断検査
  9. 一般的身体検査
  10. 認知症の診断

最初はどこへ相談するの?

まずはかかりつけ医に相談を

風邪やちょっとした体調不良、健康診断などで気軽に通える「かかりつけ医」がいらっしゃいますか? 通いやすい場所に、日頃から健康について相談できる、かかりつけ医を見つけておきましょう。ちょっとした変化にいち早く気づいてもらえることもあります。

専門の病院を選ぶ時には、「かかりつけ医と連携が取れる」「通いやすい」といった点も重要です。通院に時間がかかったり、待ち時間が長い場合、本人や介護者の負担が増えます。普段の通院はかかりつけ医、検査時や容体の急変時などには専門医というように、使い分けができる環境が望ましいです。かかりつけ医に相談しましょう。

かかりつけ医がいない場合は?

かかりつけ医がいない場合や、本人が受診に消極的な場合は、お住いの地域を管轄する地域包括支援センターに相談することもできます。

地域包括支援センターは、地域の高齢者が安心して暮らせるよう、生活や介護に関する幅広い相談を受け、必要なサービスにつなぐ相談窓口です。認知症に関する相談も行っており、必要な医療機関についてアドバイスがもらえるでしょう。

最初に地域包括支援センターに相談すれば、認知症と診断された後の、要介護認定やケアマネージャーの選定など、スムーズに話が通じるという利点もあります。

専門の病院にかからなくてよいの?

「物忘れ外来」や、医療と介護支援をつなげる専門機関である認知症疾患医療センターなど、認知症の診療を専門的に行う医療機関も増えています。大学病院や総合病院では、「精神科」「神経科」「神経内科」「老年病内科」「老年内科」などで認知症の診察や治療を行っているところがあります。しかし、いきなり大きな病院を訪ねるよりも、かかりつけ医からの紹介状があるとスムーズですので、やはり最初はかかりつけ医に相談するのがよいでしょう。

はじめての診察では何を伝える?

はじめての受診前には、どんな症状が見られるのか、それが起こったのはいつ頃からか、何かきっかけがあったのか、などは書き留めておきましょう。また、認知症以外の病気や、その経過についても説明できるようにしておくのがよいでしょう。

認知症の診断にはどんな検査をする?

認知機能検査(神経心理検査)

日時や物の形の認識、簡単な計算、数分前に見た物の記憶などを確認する検査が行われます。

「改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)」や、「ミニメンタルステイト検査(MMSE)」と呼ばれる検査が、多くの医療機関で使用されています。

脳画像診断検査

脳の萎縮など形を見るため、MRI、CTなどの検査が行われます。また、血流の状態を調べるSPECTや、脳糖代謝量を調べるPETなどは、脳の活動を知るための検査です。

一般的身体検査

脳の萎縮など形を見るため、MRI、CTなどの検査が行われます。また、血流の状態を調べるSPECTや、脳糖代謝量を調べるPETなどは、脳の活動を知るための検査です。

その他、遺伝子検査や病理検査が行われる場合もあります。上記に挙げた検査は、病院の検査項目によるため、全ての検査が必ず行われるわけではありません

認知症の診断

認知症と診断された場合は、本人・家族と話し合いながら治療方針を決めていきます。複数の医師の意見を聞きたい時は、セカンドオピニオンという選択肢もあります。

認知症は早期に発見して正しい対処をすることで、進行を遅らせたり、症状を軽減できる病です。不安を感じたら躊躇せずに医療機関を受診しましょう。


このページの
上へ戻る