テストページ

高齢者の増加に伴い、認知症への対策も急務となっている現在、その指針となる戦略が厚生労働省の認知症施策「新オレンジプラン」です。認知症ねっと内にも、あちこちで目にする施策ですが、実際にどのようなものなのでしょうか。簡単にまとめてみました。

この記事の執筆
認知症ねっと編集部
認知症ねっと編集部
認知症ねっと編集部
この記事の目次
  1. 新オレンジプランとは
  2. 新オレンジプランとは2
  3. 新オレンジプランとは3

新オレンジプランとは

「認知症の人の意思が尊重され、出来る限り住み慣れた地域の良い環境で自分らしく暮らしを続けることが出来る社会を実現する」ことを目的に、団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて策定されました。正式には認知症施策推進総合戦略といいます。

新オレンジプランとは2

「認知症の人の意思が尊重され、出来る限り住み慣れた地域の良い環境で自分らしく暮らしを続けることが出来る社会を実現する」ことを目的に、団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて策定されました。正式には認知症施策推進総合戦略といいます。

新オレンジプランとは3

「認知症の人の意思が尊重され、出来る限り住み慣れた地域の良い環境で自分らしく暮らしを続けることが出来る社会を実現する」ことを目的に、団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて策定されました。正式には認知症施策推進総合戦略といいます。


このページの
上へ戻る